シャンプーマニアが徹底解剖!人気オーガニックシャンプーのランキングサイト

人気シャンプーの比較

女性の髪の悩みについて

つやつやでさらさら。ハリとコシのある髪は誰もが目標とするところです。
髪は女性の美しさの基準の一つでもあります。
カラーリングやパーマでヘアスタイルを変えると、全体の印象も変わりますよね♪

少し髪のお手入れの歴史をさかのぼると・・・
なんと、1500年以上前から歴史があります
。 平安時代は櫛でとかし、お米のとぎ汁で髪を洗うやり方が主流となっていました。
ヘアスタイルは、黒のロングヘアーが定番でした。

江戸時代には、女性も髪を結うスタイルが主流でした。結っているのでシャンプーは月に1回、
椿油の搾りかすや粘土、粉などで洗っていました。

明治時代は外国のさまざまなヘアスタイルなどが入ってきましたが、まだまだ髪を結う日本髪の
スタイルが主流で大正時代から、やっと髪を切る東洋式のスタイルが徐々に広まりました。
その頃に石鹸が普及し始め、石鹸で髪を洗うようになりました。

ようやくシャンプーが登場したのが昭和30年頃、このころからパーマや茶髪のヘアスタイルが広まり、
ヘアアレンジも多種多様になりました。

このように、シャンプーの歴史は、お米のとぎ汁・椿の搾りかすや粘土から始まり、約60年前に
石鹸・シャンプーが登場したのです。髪を結うことの多かった時代では、お手入れはなんと月に1回!
少しびっくりしますね。今の時代みたいに髪を毎日洗うことは珍しいことだったと思います。

今日では、毎日髪をシャンプーし簡単にお手入れできる時代ですが、
女性の髪の悩みは尽きないもの・・・

女性の80%近くが、「髪」や「頭皮」について悩みを抱えています。
□ハリ・つやがない □ボリューム感 □抜け毛 □薄毛 □フケ □かゆみ □脂っぽい
などが主な悩みとなっています。


年代別では

■10代
かゆみやフケなどの頭皮の悩みが多いです。また、10代は自分の見た目がとても気になる年代なので、
髪のクセ、量などの悩みも多いようです。

■20代
20代は抜け毛やボリューム感、ハリ・つやなどのお悩みが増えてきます。
原因としては、社会人として働き始めたり、結婚などの生活スタイルの大きな変化によるストレスが
考えられます。また、生活のリズムの乱れや偏った食事なども原因になりがちです。

■30代
30代は抜け毛、ハリ・つや、薄毛などのお悩みが増えてきます。出産などでホルモンバランスが崩れ、
家事や子育て・仕事などのストレスで、一時的な薄毛になってしまうことがあります。

■40代
50代からは、ハリ・つや、髪のボリューム感、フケやかゆみ等が主なお悩みとなっています。
また、白髪の悩みもあげる方も多いです。


このように、現代は遥か昔の平安時代とは違い、毎日髪を洗ってはいるものの、髪や頭皮のお悩みは
尽きません。年代別でもあらゆるお悩みがあります。
ですが、「いつでも素敵で美しい髪でいたい!」と思う気持ちはどの年代でも同じですよね
。 年代別の悩みを把握する事で、先々のお悩みを減らせるかもしれませんので、優しく丁寧に髪や頭皮の お手入れをしたいものですね。